SSブログ

ばぶぅ~

親元を離れ、一人暮らしをしながら働いていた時のこと。

夜遅くに帰宅し、郵便受けを覗くと「ご不在連絡票」が入っていた。
差出人を見ると母親。
品物の欄には「ナマモノ」と書いてある。

(はぁ~~~~・・・・)

大きなため息が出る。

母親という生き物はどうしてこう一方的なのだろう?
こちらは宅配便は受け取れるような時間には帰宅しないのに。

私は宅配便を受け取るためだけに、翌日は早く仕事を切り上げなければならなくなるのだ。

(イライライライラ)

翌日、早目に帰宅する。
ご不在連絡票を見て電話する。
荷物を受け取る。

ダンボールを開けると、果物やらお菓子やら日用品やらがギッシリ。

(ムカムカムカムカ)

電話が鳴る。
受話器を取る。
相手は母親。

「あ。パラナちゃーん。荷物届いた~?」

(ドッカーーーン!)

「もうね、何度も言ってるけど、宅配便送るの止めてよね!」

「だって~、美味しそうな葡萄が売ってて~・・・・」

「あのね、こっちにも葡萄は売ってるの!いちいち送って来なくていいの!」

「え~・・でもほらっ、雑巾も縫って入れておいたから、雑巾とか縫わないでしょ?」

「雑巾も要らないよ!アンタ毎回雑巾入れてるじゃん!!」

「んも~、お母さんせっかくパラナちゃんのために~・・・」

「要らないってば、要らないの!もう送ってこないでね!迷惑なんだから!」

(ガチャン!)

ふぅ・・・。
私だってね、母親に酷い事言いたくないんですよ。
ありがとう、の一言だって言ってあげたいですよ。
でもね、本当に腹が立つんですよ。
だって、数ヶ月したらまた同じような荷物が届くんだなぁ、これが。
「要らない」って日本語が理解して頂けないみたい。

でね、何が言いたいかと言うと。
父親から宅配便が送られてきた事は一度もないってこと。
10年以上一人暮らしをしていて一度も無かった。
これは特筆すべき事だと思う。
父親という生き物は客観的に物事が見れるから、そこら辺のスーパーで売っているものをダンボールに入れてよこすという愚を犯さないのだ。
宅配便を受け取る事だって大変なのだという事を分かってくれてたのかもしれない。

子育ての主体は大抵が母親だと思うけれど、私は父親の方が子育てには向いていると常々思っている。
母親はどうしても子供をいつまでも「子供」だと思っていたい生き物なのではなかろうか?
子供のために宅配便を送っているというよりも、母親自身のため、という気がした。
ダンボールにあれこれ詰め込みながら、子供の事を想っているのだ。
そういう行為そのものは母親としての気持ちを安定させるのかもしれない。

でもね、子供はやがて大人にならなければいけないわけです。
腹が減ったら自分で食べ物を調達せねばならんわけです。
風邪をひいたら自分で薬を飲まねばならんわけです。
いや、社会人になったら風邪なんてひいてる暇なんかないんです。
常に健康を維持する責務があるんです。
だから、自分で栄養バランスを考えたりするんです。

子供がいつまでも「子供」だったら生きていけないんですよ。

女性は細やかな気配りが上手い、とよく言われますが、大抵それは相手を子供扱いしているに過ぎない行為が多い。
私は気配り上手と呼ばれる種類の女性が苦手だ。
そして、気配り上手な女性が好きだという男性も苦手だ。

「赤ちゃんじゃないんだから」と心の中でいつも思っている。

赤ちゃんプレイに興じるのは止めた方がいい。
世の中が赤ちゃんだらけになっちゃうからね。

そして、お父さん族に言いたい。

「自分の子供をニートにしたくなければ、子育てに主体的に関わった方がいいよ」

バブー!!(いくらちゃん的お願い)


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 5

私も、いつもそこでジレンマを感じます。最近は「受け取るのが親孝行」と思ってます。そうでもしなきゃ、割り切れん!
by (2006-06-17 19:18) 

JOHN

私の母は、父親みたいな人で、宅配便送ってくれることなんてなかったですよー。
そんなもんなのかと思って育ってきた私。
同居中の義母は、paranaさんのお母様のように「母親らしい母親」で、
そのギャップに時々どっと疲れます。
とてもいい人で、大好きなのですが
「オトナなので、自分で適当にやりますから…」と思うことも時々。
そう思う自分がストレスです(笑)
by JOHN (2006-06-20 01:17) 

kyamerou

私も父親の重要さを最近肌身で感じてます。
子供が弱ってるとこは、たいてい父親がダメです。
by kyamerou (2006-06-20 16:26) 

N

以前、少しの間so-netブログを書いていて、
こちらにも何度かコメント書かせていただきました。
閉鎖後も時々お邪魔していましたが、
今回の記事、なるほどなーと思いました。

パラナさんのおっしゃること、ごもっとも。
確かに私も母にはうんざりさせられること多々…。
けっして優しい娘ではないように思います。

でも宅配便はちょっと嬉しかったかな。
宅配ボックスや土日の再配達を利用していたので
仕事に支障がなかったからかもしれませんが…。
(生ものだとそうはいかないかもしれませんね)

宅配便に感謝しつつ、
もう自分の方が大人になって、母親の趣味につきあってやっている、
くらいの気持ちで受け取っています。

ただ、本気で嫌がっているのであれば、それは止めてほしいですね。


>私は気配り上手と呼ばれる種類の女性が苦手だ。
>そして、気配り上手な女性が好きだという男性も苦手だ。

>「赤ちゃんじゃないんだから」と心の中でいつも思っている。

まったく同感ですね。
男女の間において、赤ちゃんごっこはNG…。
一見そう見えなくても、それ(過剰な気配り=甘やかし)を
求める男性の多いこと多いこと。

自分の夫がそうじゃなくてよかった。


長文失礼しました。
by N (2006-06-25 12:19) 

Lita

私の母は頼んだものしか送ってくれなくて
そうやって不意に何かが届くということにあこがれましたので
少しうらやましいと思います。
by Lita (2006-08-28 15:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

波長ばぶぅ~2 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます