SSブログ

振り向けばそこに

今、思っても、私はとても暗い子供だったと思う。
両親が離婚したから、とかそういう事ではない。
もう、生まれた時から暗いのだ。

うんと小さい頃、その頃の流行遊びは「お母さんごっこ」だった。
要するに「ままごと」なんですけどね。

誰かがお母さん役をやって、別の誰かが子供役やって~とか、そんな感じ。
草の汁をしぼってジュースとか、泥に水入れてコーヒー牛乳とか。
そんなものを美味しく飲む演技などをしなければならないわけで。
「わーい。いただきまーす。ゴクゴクゴク。おいしーい」とか言いながら。
もうね、これが、私にとって地獄なんですよ。
嫌で、嫌で、たまらなくて。
演技が出来ないの。
恥ずかしくて出来ない。
物心がつくのが早かったのかなぁ。
とにかく、皆と同じように出来ないのだ。
だから、私は、ただひたすら草を石にこすりつけて草ジュースを作り続けた。
演技をしなくてもすむように、誰にも声をかけられないように、ひたすら草ジュースを作った。

暗いな、ほんと。

で、お母さんごっこをしたくない私は一人で遊んだ。
一人の方が楽だから。
近くに小川が流れていて、そこで日が暮れるまで遊んだ。
この土手はどこまで続くのだろう?と上流までひたすら歩いたり、
あと、土手には椿の並木があって、椿の蕾をひたすら分解したり。

今、気付いた。
「ひたすら」系が好きだったんだな、私。

でね、一人で遊んでたって書いたけど、正確には一人じゃなかったんですよ。
いつも、影のようにピタっと張り付いていた男の子がいたんです。
ワタナベ君って言うんですけどね。
ワタナベ君ってのがおかしな子でね、いつも私の側にいたんです。
すると母がからかうんですよ。
「ボーイフレンドのワタナベ君」とか言って。
ほんと、ムカツク。
いや、母だけではない。
二人で歩いてると、
「やーい。デートだ、デートしてる~」とかからかわれるんです。
馬鹿が多くて困るよ、ほんと。

ワタナベ君が変わってるのは、普通こんな風にからかわれるの嫌でしょ?
小学1年生ですよ?当時。
でも、ワタナベ君は全く意に介さないんだな、これが。
私としては非常に迷惑だから、もう側に寄らないで欲しいと思っていた。
思っていただけで、言ったわけではない。
ワタナベ君自体は迷惑な存在では無かったから。

川の土手を一人でどんどん上流に向かって歩いていると、やはり心細くなる。
民家も見えなくなるし、人気もなくなるし、なんだか怖かった。
そんな時、振り返ると、そこに彼が居た。
ちょっと安心して、また歩き出す。
私は、歩いて、歩いて、ひたすら歩いた。
やがて、ちょっとした広場に出て、思わぬ物を見た。

「ヘリコプターだ!!!!」

そこには農薬散布用のヘリコプターが置いてあったのだ。
たかがヘリコプターだが、子供にとってみれば、されどヘリコプターだ。
私は大興奮である。
そして、振り返ると、やっぱりそこに彼が居たのだ。
彼はニコニコしてたような気がする。

私は小学2年生の時、転校した。
ワタナベ君とはそれっきりだ。

いや、それっきりではない。
やがて、ワタナベ君は自力で電話番号を調べたのだ。
その頃って、電話帳に載せてたでしょ?
私の父の名前を探したそうな。
中学2年の時かな。

彼からお手紙が来た。
私が転校した後は、泣いて泣いて一週間泣き続けたと書いてあった。
ごめん、私、全く、泣いてない。
なんだか、申し訳ない気持ちになった。
返事を書かねば!と思っていたのに、どんどん時間が過ぎて、結局返事も書いてない。

そこで本当にそれっきりになった。
あははは。
これぞダメ人間。
最低ですな。

でね、何が言いたいのかって言うと、私はそういう男性が好きなのかもなぁって事。
私のしたい事を邪魔しないタイプ。
応援すらしなくて良い。
何も言わないでいてくれたらそれで良い。

いや、なんかね、夫がそういうタイプなんですわ。
私、今、学校に通ってるでしょ?
実は、なぜか夫も「僕も行く」とか言ってね、二人で通ってるんですよね。
夫婦で通うって、かなーり、恥ずかしい。
で、もっと恥ずかしい事に、二人とも試験落ちてるし。
ダメ夫婦。

振り向けば、いつもそこに夫がいるんだなぁ、これが。


nice!(10)  コメント(10)  トラックバック(1) 

nice! 10

コメント 10

kugna

私も、近所の同級生と一緒に遊ぶの、
あんまり好きじゃなかったなぁ・・・

家でも、母は下の妹弟にかかりきりだったので、
父の仕事見てたり、祖父の仕事見てたり、
祖母の“アクセサリー”として、デパート巡りつき合ったり・・・
さもなくば、字も読めない頃から、
ひとりで絵本読んでた(声がテープに残ってた・・・)

paranaさん、いいパートナーに巡り会えてよかったですね。
私にもそんな日が訪れるといいなぁ・・・(笑)

ひとりが好きなのと、暗いのとはまた違うと思うよ(半分自己弁護)
(私も、「そっと見てて欲しい」タイプかも)
by kugna (2006-12-15 10:02) 

三ねんせい

はじめまして(だったかな?前から読んでいて,書き込んだことがあったかどうか思い出せない).
私も幼いとき川沿いの道をどこまでも歩いていくのが好きだった.張り付いてくれる女の子はいなかったけれど.
おままごとの演技が苦手なのは,暗いんじゃなくてリアリストなのだと思います.
by 三ねんせい (2006-12-15 10:14) 

ぽん太

最後はごちそうさま(^o^~いいパートナーがそばにいてくれるって 最高ですよ~。
by ぽん太 (2006-12-16 00:28) 

ダージリン

私は、人見知りで社交的な八方美人の独り好き、かな〜。(どれもホント。)

どんなに「友達」と呼べる人が沢山いても、孤独感でいっぱいの人もいるでしょうね。
そう思うと、「振り向けばそこにいる」って言える存在が一人でもいる人の方が、幸せなような気がします。

parana さんの文章、やっぱり好きです。
少しずつ、少しずつ、paranaさんの輪郭が見えて来るような気がします♪
by ダージリン (2006-12-16 17:20) 

Reiko Kato

いい話だ.....
by Reiko Kato (2006-12-16 23:43) 

三ねんせい

初めてはなかったですね,書き込み.失礼しました.

>振り向けば、いつもそこに夫がいるんだなぁ、これが。
いいねえ.私もこんなのろけを書いてみたい.
by 三ねんせい (2006-12-19 00:21) 

マー

うっ、
なんとなく判る・・・

冷めていた子供時代でもありました^^;


「振り向けば・・・」
その気持ちというか、
そんな関係、理想であったりします(爆)
by マー (2006-12-19 23:10) 

parana

>venerdiさんへ

>paranaさん、いいパートナーに巡り会えてよかったですね。
>私にもそんな日が訪れるといいなぁ・・・(笑)

これだけは言えますが、恋愛は所詮ギャンブルなんですよ。(笑)
カードをめくって初めて「アタリ」か「ハズレ」なんです。
カードをめくる前に分かるわけないんですよね。
でね、何が「アタリ」なのかも、恋愛を重ねるごとに段々違ってくるんです。
他人からみた「アタリ」じゃなくて、自分だけの「アタリ」が探せるようになれば恋愛道は極めたも同然かと。(笑)
恋愛道って。(笑)
何いってるんだか。アホだな、私。

>三ねんせいさんへ

あはは。はじめまして、じゃないですね^^

>おままごとの演技が苦手なのは,暗いんじゃなくてリアリスト
>なのだと思います

ありがとうございます。
なんだか照れちゃうんですよね、おままごと的演技って。
女性は上手いですよね、こういう事。
男性は下手だと思うな、多分。
なんか男性ホルモンの方が多いのかもな~、私。

>ぽん太さんへ

>最後はごちそうさま

お粗末さまです。(笑)
いや、別にノロケじゃないですよぉ。でへへ。

>ダージリンさんへ

>私は、人見知りで社交的な八方美人の独り好き、かな〜

あはははは。
なんか分かるなぁ。
駅でね、知り合いを見かけたとするでしょ?私の場合、先ず、ササっと隠れようとするの。
で、隠れようとした自分に自分で「なぜ隠れる?」とツッコミを入れつつ、気合を入れて、「どうも~」って声をかけるんですよ。
気合を入れないとね、他人に接する事が出来ない。
割と愛想の良い人という評価を頂く事が多いけど、でもそれは「気合を入れた」姿なんですよね。
本来の姿はササっと隠れて逃げ出すタイプ。
暗いのよ、ホント。(笑)

>Reiko Katoさんへ

どうもありがとう^^

>マーさんへ

>冷めていた子供時代でもありました

あははは。
私もね、同じ空気感を共有できなかったですね。
どこかで引いて見てる、みたいな。
こういう性格はやっかいですよね。
なんかもっと弾けるような明るさを持って生まれたかったなぁ。
損だな~って思いますね。
by parana (2006-12-21 02:53) 

JOHN

いいなぁ~。「振り向けば」か。ステキな関係です。
ダーリン様にとって、paranaさんはどんな存在なのでしょう。
ダーリン様のお話聞いてみたいなって思っちゃいました^^
by JOHN (2006-12-28 21:40) 

parana

>JOHNさんへ

ダーリン様にとって、私という存在は「匹」で数える存在のようです。
人間扱いしてもらえないのですよ。(笑)
by parana (2007-01-16 02:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

楳図かずおの恐怖漫画的表情 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます