SSブログ
ゴールデンブログアワード ブログトップ

花が好きな貴女へ(GBA2005ノベル) [ゴールデンブログアワード]

事の真偽なんて必要ない場合がある。
正しいか、正しくないか、本当か、嘘か、そんな事はどうだっていい。
少なくとも私にとっては。
私にとって一番好きな話であり、一番大事な話であり、一番胸を突く話であるという、その事こそが重要であり、それ以外の事は瑣末な事である。

あれは何の雑談をしていた時だっただろうか。

「ねぇ、ネアンデルタール人のお墓の話って知ってる?」

「ん?知らないけど?」

「なんかね、ネアンデルタール人のお墓の周りの土を調べたら沢山の花粉が出たんだって。
 だからね、ネアンデルタール人は埋葬する時に沢山のお花を供えたんじゃないかって。」

へぇ、初めて聞いた。
私はしばしその情景を思い浮かべた。
沢山のお花で死者を弔う姿を。
そして、次の瞬間、ポロリと涙がこぼれた。
泣くわけではなく、涙が落っこちた感じ。

「武器でも、宝石でもないんだねぇ・・・」
私はそう言って、気付かれないように瞬きを止めて目を乾かした。

私達の祖先はネアンデルタール人ではないらしい。
でも、ほんの少しでもいいからその血が混じってるといいなぁ。
いや、混じってる。
絶対混じってる。
だって、花が好きだった祖母の棺の中を、あんなに沢山の花で埋め尽くしたではないか。
父の棺の中も・・・。

古代の偉い人々の墓は生きた当時の権力を誇るものだ。
古代でもなく、現代の墓も権力のある人程大きくなる傾向があると思う。
父の墓を購入する際、墓石屋さんに霊園を案内して貰った。
そして、ふと、ある区画に目が止まった。
まだ墓は建ってなかったが、そこは通常の区画の5倍はあろうかという程広かった。
そこはとても人気のある霊園で一区画手に入れるのさえ抽選になる程の所なのに。
私が立ち止まったからであろうか、案内をしてくれた墓石屋さんが、とある政治家の名前を告げて、
「まだお墓は建ててないんですけどね、なんでも横に長い御影石に自分が残した功績をズラーっと年表のように彫りたいらしいですよ」と、言った。
私が不味い物を食べた時のような顔をしたからだろうか、墓石屋さんはクスっと笑った。

その後、私は、ネアンデルタール人が死者に花を手向けたという説が怪しいものである事を知る。
でも、それが何だというのだろう?

そして、私は、あろう事かこんなにも心に残る話をしてくれた人と喧嘩別れをしてしまった。

どうして喧嘩なんかしてしまったのだろう?
喧嘩するつもりなんて無かった。
それどころか、慰めようとして、あるいは、励まそうとしてかけた言葉であった。
しかし、それが逆鱗に触れてしまった。

今から思えば軽はずみな言葉だった。
慰めるつもり、と言いつつ、自分の意見の押し付けだったように思う。
私の方が悪かった。
今ではそう反省している。
しかし、当時は違った。
狭量だと腹を立てた。
そんな程度で怒るなんて、と思ってしまった。
そして、謝るタイミングを失してしまった。

今でも時々、「おっ!」と思ったり、「これは!」と思ったりした事を話したくなる。
感情を共有したくなる。

「アナタノコエガキキタイデス・・・」

これは罰だ。
私の罪に対する罰なのだ。
もうあれから10年経った。
今なら許して貰えるだろうか?

花が好きな貴女へ

「ゴメンナサイ」

*************************
これは小説で~~~~すw
紛らわしくてスンマセンw
*************************

*************************
ちょい加筆(11月7日)
*************************


nice!(17)  コメント(17)  トラックバック(1) 
共通テーマ:GBA2005ノベル
ゴールデンブログアワード ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます