SSブログ

夢のまた夢

信長さんの好きな演目に「敦盛」(あつもり)がありますね。

思(おも)へばこの世は常(つね)の住み家にあらず

草叶(くさば)に置く白露(しらつゆ)、水に宿(やど)る月よりなほあやし

きんこくに花を咏(えい)じ、栄花(えいが)は先(さい)つて無常(むじょう)の風(かぜ)に誘はるる

南楼(なんろう)の月を弄(もてあそぶ)輩(ともがら)も月に先(さい)つて有為(うい)の雲(くも)にかくれり

人間五十年(じんかんごじゅうねん)、下天(げてん)のうちを比(くら)ぶれば夢幻(ゆめまぼろし)の如(ごと)くなり

一度生(いちどせい)を享(う)け、滅(ほろぼ)せぬもののあるべきか

これを菩提(ぼだい)の種(しゅ)と思ひ定めざらんは、口惜(くちお)しかりき次第(しだい)ぞ


これね、最後はあんまり信長さんは要らないな、と思ってたみたい。
別に、口惜しいとか思ってないんです。
「そんなもんだよね~」って思ってたっぽい。

儚さの中の美しさ。

一瞬の煌き。

だからこそ、愛しい。

なので、つまらないものにしがみ付くのは愚かな事だなぁ、と。

つまらないものにしがみつきますよね、実際は。

依存。

モノだったり、カネだったり、ヒトだったり。

時にこれらが「ない」ということにして逃げる人もいます。

「ない」と思えば気が楽になるから。

でもそれは逃げなので、後から追いかけられてしまうわけです。

このしがらみが「ある」と勇気をもって眺めて、

あるもんはある、と。

さて、どうする?と。

腹を括るしかないんです。

でも、実際は「ナイナイ」と逃げる人が多い。

そういう人は扇を買って、この敦盛を舞うと良いよ。

テキトーで良いんです。

宴会芸で逃げ恥ダンスをするより、

「今から敦盛を舞いまーす」って言って、扇を持ってテキトーに舞うだけで、ヤンヤヤンヤの大喝采ですよ。

たぶん。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

マー

うぁ・・・色んなものにしがみついてるなぁ自分・・・
でも、絶賛現実を受け入れない「ナイナイ」キャンペーン展開中!
舞うか?元凶の傍若無人絶好調のシャッチョーの前で舞うか?
でも・・・
同じ舞うなら・・・蝶のように舞い、そして!(笑)

でもま、
ウダウダグチグチよりも、その場の一瞬の輝き?やりきる感?
そういうのに身を投じるのって美しく粋かもしれないな♪
自分を貫くって難しい・・とほほ(^^ゞ
by マー (2017-05-14 01:10) 

parana

>マーさんへ
あらやだ。
コメント頂いてたのに気付かずにいました。
ゴメンナサイ。

いろんなしがらみがあるのが人間界ですわ。
誰だっていつかは死ぬわけですし、そのしがらみもそこまでですよ。
死んだら終わるしがらみなんて本当はたいした事ではないわけで。
だから、笑ったモンが勝ちなのかな、と。
笑う阿呆になるのが最善と思っております。

コメントありがとうございます。
by parana (2017-06-10 07:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

消耗聖地 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます